肌のターンオーバーを活性化

美しい肌は角質を溜めない

肌の断層

私たちの肌は三層に分かれています。表面から、角質・真皮・基底層です。新しい肌の細胞は毎日基底層で作られていて、それが真皮に押し上げられて肌となって行きます。古くなると角質となって剥がれ落ちていくという循環がうまく働いていると、美しい肌が保たれるわけですね。

 

この循環、大切なポイントは角質を丁度いいタイミングで落とすということなんです。角質は決して悪い存在ではなく、真皮を保護する大切な役目がありますので、落とし過ぎるのもいけません。

 

真皮の細胞はきちんと生成されていますが、古くなった角質が剥がれ落ちずに残っていると、本来の28日周期のターンオーバーがうまく行われません。そうすると、肌がごわついたり、くすんだりと言った、お肌の不調になってしまいます。

 

お肌のターンオーバーは20代の方は大体28日周期で行われていますが、加齢と共にだんだんと日数が増して行って、50代位だと40日周期になる場合もあるようです。

 

古くなった角質がなかなか落とせないでいる場合、ピーリングをしたりするのもいい方法ですが、最も手軽なのは酵素の力を借りることです。タンパク質分解酵素の入った酵素で洗顔すると、やさしく角質を落とすことができるわけです。

 

酵素洗顔が角質除去に効果的だからと言って、毎日使っていては角質を落とし過ぎて、紫外線の悪影響を直接受けてしまってシミやしわの原因になってしまいます。酵素洗顔は週に2〜3回の使用がおすすめですよ。

 

酵素洗顔料ランキングはこちら