酵素洗顔とニキビ

酵素洗顔でニキビは治る?!

ニキビ

酵素の入った洗顔料、酵素洗顔がお肌にいいらしい・・・そういう話が一部で出回っていますが、それがニキビ肌の改善にいいかというと、ちょっと疑問です。

 

そもそも酵素洗顔料に入っている“酵素”とは、タンパク質分解酵素なんです。ターンオーバーが正常に行われずに、お肌の表面に残って厚く角質化した肌を、酵素の力で分解してやさしく剥がす・・・というのが酵素洗顔料のコンセプトです。

 

角質を酵素の力で分解して落とすというと、酵素洗顔は弱いピーリングの様なものと言えますね。通常、ニキビができている時には酵素洗顔料は控えた方がよいです。

 

ニキビができやすい肌というのは、古くなって本来は自然に剥がれ落ちるはずの角質がそのまま残っている場合が多いものです。古くなった角質が毛穴を塞いでしまって、それが原因でニキビができやすくなってしまうワケですね。

 

酵素洗顔料を週一程度使う事で、適度に角質を落とすことができるので、だんだんとニキビができにくい肌へと変わっていきます。

 

ニキビの大きな原因としては、腸内環境が悪くなって便秘している等、内臓が原因のニキビの場合には、その原因を解消しない限りニキビは治りません。

 

ニキビを治すには、洗顔料以前に、その原因を確かめることが一番の近道だと思います。

 

ニキビが治ったら酵素洗顔料でニキビ跡対策